top of page

Biography

Ayane Kawamura

 河村 絢音  

 

1996年横浜⽣まれ、4歳よりヴァイオリンを始める。

湘南白百合学園(幼・小・中)を経て、 2015年桐朋⼥⼦⾼等学校⾳楽科を卒業後、渡仏。

2017年パリ国⽴⾼等⾳楽院 第一(学⼠)課程を飛び級で卒業し、仏国家演奏家資格 DNSPMを取得。

2019年同音楽院 第二(修士)課程修了後、2022年に第三課程 アーティスト・ディプロム 現代音楽演奏・初演科(博士相当)を修了。同時にフランクフルト音楽大学大学院にて2つ目の修士課程を修了。2021年4月より東京藝術大学大学院 音楽研究科 博士後期課程に在籍。 

2016/17年度パリ管弦楽団アカデミーを経て、その後エキストラとして度々演奏。

Phiharmonie de Paris 大ホールでのプレリュード​・コンサートをはじめ、欧州のフェスティヴァル (Présences, Messiaen, Ensemble, Fontainebleau (仏), Darmstadt, Shortcut (独), Traiettorie (伊), Krangspuren IEMA (墺), Offbeat (丁)) などでソロ、室内楽で演奏。

2018/19年度フランス政府給費留学生、2019-21年度文化庁新進芸術家海外研修生、その他 Meyer財団、Académie musicale de Villecrozeなどより助成を受ける。Fondation des Ecoles d’Art Americaines de FontainebleauよりPrix Ravel ラヴェル賞を受賞する他、これまでにコンクール受賞歴多数。

渡仏後、パリ国立高等音楽院で現代音楽に魅了され、アンサンブル・アンテルコンテンポランとのセッションやライヴ・エレクトロニクスとの演奏、フランスで活躍する有名作曲家のもと演奏、又 新進作曲家の初演コンサートにも携わる。

パリ国立高等音楽院在学中に、Meyer 財団後援の同音楽院レーベル「 INITIALE 」のCDプロジェクト「 Jeunes Talents  - 若きタレント」に選抜され、ヴァイオリン・ソロとライヴ・エレクトロニクスのための作品をプログラムに CDをリリース予定。

東京藝術大学大学院 博士後期課程では、ライヴ・エレクトロニクスとヴァイオリン・ソロのための作品を専門に研究しており、この分野の可能性の提案・探求を目的に、演奏グループ「kasane かさね」を設立し、アーツカウンシル東京・野村財団から助成を受ける他、サントリー芸術財団佐治敬三賞推薦コンサートや神奈川県立音楽堂主催「新しい視点」に抜擢されるなど、精力的に活動している。

これまでに萩野恵美⼦、⽔野佐知⾹、徳永⼆男、千々岩英⼀、野口千代光、Ami Flammer, Frédéric Laroque, Hae-Sun Kang, Ulrich Edelmann 各⽒に師事。​​

bottom of page